フォトスタイリングはじめました

暮らしのこと、おいしいこと、フォトスタイリングのことを綴ってます

こんにちは。

昨日は寒ーい雨が降って、
いよいよ秋本番ですね。
・・・と書いておきながら
夏っぽいお話。。。スミマセン。(*´ェ`*)


coffee1

今年の夏、インスタグラムで
大人気だったツートンコーヒー。
2層コーヒーとも呼ばれてますね。
(*^・ェ・)ノ

ミルクとコーヒーの部分がキレイに分割されて
2層になってることからこのネーミングになったと思われます。
味はフツーのカフェオレです。



私もこの可愛さにすっかりはまってしまい、
今年の夏は何度も作りました。

coffee4

いわゆるインスタ映えするってやつですよね。
見た目のインパクトもあって可愛いですー。
私も実際インスタでたくさんの「いいね」をいただきました♥


その人気のおかげか、セリアでツートンドリンクメーカーなるものも
発売されました。
これで作ると、確かに簡単に綺麗なツートンドリンクを
作ることができました。
上の写真がツートンドリンクメーカーを使ったやつです。
(ちなみにガラスボトルもセリアです♪)


でも人気がありすぎて、各所のセリアで売り切れ続出!
私も友人に偶然みつけてもらってゲットできたという。。。
夏休みの時なんかは、お子さんやお友達に出したり
おもてなしにちょうどいいですもんね。
(それにしてもセリアってすごいなぁ)


でも、セリアのツートンドリンクメーカーがなくても、
コツさえつかめば意外と簡単に作れます。(☆゚∀゚)
私も、はじめて作った時はイマイチだったけど、
2、3度作ったら、どんどんクオリティが上がって
今では簡単にツートンできるようになりました!


というわけで、インスタ映え間違いなしの
ツートンコーヒーの作り方をカンタンにご紹介しますね。


ツートンコーヒーの作り方



Step1. コーヒーを用意する

氷をたっぷりと入れるので濃いめのコーヒーがおススメです。
インスタントでももちろんOKですよ。
【Point】コーヒーは冷ましておきましょう。



Step2. ミルクを用意する


ミルクにガムシロップやはちみつを入れて、よくかき混ぜます。
量はお好みで!私ははちみつを入れました。
【Point】ガムシロップなどの甘みを入れることで比重が重くなり、
ミルクが下に沈みやすくなるんですって!


Step3. グラスに氷とミルクを入れる


できるだけ氷をたくさん入れて、ミルクを注いておきます。
【Point】おススメの氷がズバリ、コレ!

DSC_2603

Kamataの「SUPER ICE PAIL」(セブンイレブンで買いました)
これすごいです!
「純度にこだわった溶けにくく透明度の高い氷」って
書いてありますが、看板に偽りなしの、ほんとに溶けにくくて、
透明度が高いんです。
1つ1つもほどよく大きくて、見た目にこだわるのなら
ぜひこちらを!
私は近所のコンビニで買いました♪



Step4. コーヒーを注ぐ


coffee2


【Point】顔を出してる氷にめがけて、静かにそーっと注ぎます。
そうすることで、ミルクが下に、コーヒーが上に、という
2層のコーヒーができますよ!^^


coffee3

意外と簡単です!
お友達やお子さんに作ったら喜んでもらえるかも!ヾ(=^▽^=)ノ



○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

楽天ROOMはじめました。
MY ROOMはこちら(ユーザー名:ciruciru)

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


★ブログランキングに参加中★
↓をクリックしていただけると、ランキングが上がり、チルが小躍りするシステムです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

----------------------------------------

ホームページ制作やってます
banner01

こんにちは。
暑い日が続いていますね。
今日は、さくっと軽いネタで(^∀^)

リビングにおいてあるイケアのカラックスの上を少し変えてみました。



DSC_8208


ダイソーで買ったバインダーに、雑誌の切り抜きをはさんで、
夏のアートに♪

雑誌の切り抜きはCEREALのプールと海のページを。



このダイソーのバインダー、インテリアとしてかなり使えます!
アートフレームなんかに入れたりしなくても
ただバインダーにはさんで置くだけで
アートっぽくなっちゃうマジック♪

気分で簡単に替えられるのもいいです。
というわけで、ネタも簡単な感じでスミマセン(*´ェ`*)


それでは、良い週末を!





女性起業家さん向けホームページ制作、写真撮影・スタイリングやってます
banner01


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
楽天ROOMはじめました。
MY ROOMは
こちら(ユーザー名:ciruciru)
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


★ブログランキングに参加中★
↓をクリックしていただけると、ランキングが上がり、チルが小躍りするシステムです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
----------------------------------------

暑い日が続いていますねー。
暑い日はそうめんや冷やし中華とかで、
ぱぱっとすませてしまいがちですが、
そんなのばっかりだと飽きちゃうし、
栄養のバランスもあんまりよろしくない…。


01-DSC_6989

というわけで、今日は簡単にできる料理に
おいしさ&栄養をプラスするアイデアをご紹介します♪

題して「オリーヴオイル ひとかけレシピ」!( ̄ー ̄)ニヤリッ



イタリア食材のインポーターの友人に教えてもらったレシピを
一部アレンジした簡単料理です♪


オリーヴオイル ひとかけレシピ4種


◎冷製コーンスープ(インスタント)にひとかけ◎

02-DSC_7500
最近は牛乳で溶かすだけでできる冷製スープもあって便利ですよね。
しかもおいしいし。
食べる前にオリーヴオイルをひとかけするだけで、
栄養も美味しさもアップします。
コーンの甘さにオリーヴオイルの辛みがアクセントになって
後味がスッキリします。^^

あわただしい朝にピッタリですよねー。
私はバケットをドボンと付けながら食べてます。


◎アボカド入りカプレーゼ◎

03-DSC_7187


言わずと知れたド定番なカプレーゼですが、
今回バジルをアボカドに変えてみました!
アボカドが入ることでまろやかな口当たりになって、
おいしいですー!

ミニトマトとモッツァレラチーズとアボカドをさっくりと混ぜ、
岩塩と黒こしょうをガリガリっと削り、
オリーヴオイルをひとまわし♪
今回使ったオリーヴオイルがトマトとの相性がいいと聞いてたのですが、
ほんとにバッチリとマッチしてました♫

ていうか、美味しくないわけがないですよね。
味付けで迷走する事もありませんよ。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



◎夏野菜のグリルにひとかけ◎

04-DSC_7737
薄切りにした夏野菜(ナス、ズッキーニ、パプリカ、かぼちゃ)を
グリルパンで焼いて、塩コショウをふり、
レモンをギュギュギュッとたっぷりと絞って、
最後にオリーブオイルをひとかけ♪
レモンの酸味とオリーブオイルのピリッとした辛みと香りが
野菜の甘みを増し増しにします♪

シンプルな味つけにすることで、野菜のうまみがダイレクトに感じられます。
グリルした野菜を一度冷蔵庫で冷やしても
サラダっぽくなって美味しかったですよー。
★チル的にはこれがイチオシです。(* ̄∇ ̄*) 


◎バニラアイスクリームにひとかけ◎

05-DSC_6960
数年前に一部の間で流行りましたが、
塩少々とオリーヴオイルをたらすだけで高級アイスに味変します!

オイルの種類にもよるかもしれませんが、
フルーティな風味のオイルを使うと
オイルをプラスしてるのに、なぜだか爽やかな感じになるという不思議…。
やったことがない人は、ぜひこの変化を体験してほしいです。^^


6613

「オリーヴオイルのひとかけ」をするのに、
1つだけ注意していただきたいことがあります。

仕上げのひとかけのオリーヴオイルは、
ピュアオイルではなくエキストラヴァージンオイルを使うべし!
 

エキストラヴァージンオイルは香りや辛み・苦みなどが豊かなので、
仕上げに使うのに最適なオイルなんだそうです。
一方、ピュアオイルは、加熱用として使用するものなので、
仕上げのひとかけには向いていないようです。
エキストラヴァージンオイルの詳しいことは、こちら



今回、イタリアのシチリア産の「Titone社」のオリーヴオイルを使いました。
世界で数々の賞を受賞しているそうですよー。
先ほども書いたように、トマトとの相性がいいので、
試しに冷やしトマトにちょろっとかけてみたけど、
それだけで、こじゃれた料理っぽく(?)なりました。(゚∀゚)アヒャヒャ

こちら↓で購入できますー。
アスティオン トレーディング オンラインショップ

オリーヴオイルでおいしさをプラスして、
暑い夏を乗り切りましょう~!





☆お料理教室のホームページ制作・写真撮影やってます☆
banner01

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
楽天ROOMはじめました。
MY ROOMはこちら(ユーザー名:ciruciru)
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

★ブログランキングに参加中★
↓をクリックしていただけると、ランキングが上がり、チルが小躍りするシステムです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村
----------------------------------------
 


こんにちは。
更新が滞っている間に梅雨入りしてしまいました。(*´ェ`*)
でも梅雨入りはしたけど、あんまり雨が降らなくて
ほぼ真夏?的な日が連発…。(関東情報)
どーした地球。大丈夫か地球。




さて、去年あたりから、かわいいなー、作ってみたいなーと
思っていたものが完成しました♪ むふふ。

tobira2

プラントハンガーです♪('▽'*)ニパッ♪

観葉植物とかを入れるとカッコいいんだけど、
土モノを部屋に吊るすのにちょっと抵抗があり…。
(異常な虫嫌い)

軽やかなエアプランツを入れてみたら、
なんとも涼しげな空間になりました♪


材料はダイソーのジュートヤーンを使ったのですが、
これ、大正解だったと思います。


実はいろんなひもで作ってみたのです。
荷造りに使う麻ひもやTシャツヤーンなどなど。

荷造り用の麻ひもは、作っている時に糸くずがものすごく出てしまうので
お掃除がめんどうくさい。

Tシャツヤーンは海外のインテリアっぽくなっていいんだけど、
エアプランツのような繊細なものには合わず。
(たぶん、カラフルな色が付いた鉢ものを入れると可愛いと思います)

で、ジュートヤーンは糸くずがあまり出ないし、
エアプランツとの相性も良くて、チル的には大満足の仕上がりです。





01




作り方をWebマガジン「Klastyling 暮らす+スタイリング」に
掲載していただきましたので、
詳しい作り方は、そちらでご覧ください。
「Klastyling 暮らす+スタイリング」はこちら



それでは、良い週末を!^^


ホームページ制作やってます
作家さんの作品撮りなどもやってます^^
banner01


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○

楽天ROOMはじめました。

MY ROOMはこちら(ユーザー名:ciruciru)

○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


★ブログランキングに参加中★
↓をクリックしていただけると、ランキングが上がり、チルが小躍りするシステムです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村
----------------------------------------



 


IMG_0172

最近インスタグラムでよく見かける、枝モノを飾るインテリア。
密かに憧れておりまして・・・

フラワーの先生とガーデニングのプロの友達にアドバイスをもらい、
ドウダンツツジを入手!(・∀・)



DSC_6075
涼しげに仕上がりました。^^

セルフリフォーム中の和室をリビングから見た風景です。
和室の真っ白な漆喰壁が眩しいw。
ていうか、リビングの壁、汚っ!




観葉植物を何度もダメにしてしまったポイズンなワタス…。
枝モノだったらお手入れも簡単だし、
それなりに長持ちしそうだし、
存在感があるので手軽に部屋の雰囲気を変えられるし、
これはイイかも♪
おススメです。



春はグリーンや花がたくさん出回っていて楽しいですね。
いつもは殺風景な我が家もにぎわっております。



111


アジサイも買いました。^^
最近はいろんな色があって楽しいですね。
私はこの淡いピンクが大好物です。


実はつい最近もアジサイを買ったのですが、
2日くらいでダメにしてしまい・・・(ノ◇≦。) ビェーン!!
お花の先生の友に水やり方法を教えてもらいました。
アジサイは水をたーーーーーっぷりとあげないといけないんですね。
(梅雨時に咲く花だから?)
おかげで今回は長持ちしています。^^



ここ数ヶ月、アレルギー症でひどくて苦しんでいる私ですが、
緑と花に癒されて、リフレッシュしたいと思います。

良い週末を!



<おまけ写真>

DSC_5990-1

別バージョンのフラワーベースの写真を撮っていたら、
出たがりチロさんがにょっきりとフレームイン。
入って来なくていいから!


フラワー教室のお花の写真撮影やホームページ制作承ります。

banner01


○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○
楽天ROOMはじめました。
MY ROOMはこちら(ユーザー名:ciruciru)
○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○


★ブログランキングに参加中★

↓をクリックしていただけると、ランキングが上がり、チルが小躍りするシステムです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


----------------------------------------

↑このページのトップヘ